きれいな庭は草取りで作ろう|安心の環境づくり

エクステリア

農機具の処分

園芸用品

農業を辞める、倉庫に昔から古い農機具があるなと、農機具を処分するなら、一度査定してもらうべきです。廃棄をすると処分料などの費用がかかります。特にトラクターであれば買取業者に査定してもらうべきです。業者によってはトラクターが古い、もしくは壊れて動かないなどの理由で値段がつかずに買取できないことがあります。農機具の買取を専門にしている業者もあります。そういった業者ではトラクターが壊れて動かなくても査定して買い取ってくれることがあります。買取を希望しているなら、査定の前に修理しておいた方が高く売れると思ってしまいますが、修理をせずに査定してもらうとお得になることもあります。トラクターのメーカーと、型式を伝えるとおおよその買取価格を出してもらえる業者もあります。

トラクターを買取ってもらいたくても、動かなかったり、故障していても大丈夫です。そういったトラクターでも査定してもらえることが多いのです。実は、古いトラクターは海外で人気があるんです。何十年前のトラクターだからって諦める必要はありません。最新のシステムのトラクターよりも、古いトラクターの方が作りがシンプルなため、メンテナンスが簡単なんです。そういったところが海外では人気のため、壊れていても動かなくても、海外へ輸出できるので買い取ってもらえるのです。また、買取業者が修理設備を持っているところなら、査定前に自ら高い修理費を払わずに売ることができます。なので、買取業者を選ぶ際、壊れていても動かなくても買い取ってくれる業者がお得です。