きれいな庭は草取りで作ろう|安心の環境づくり

エクステリア

庭を手入れする

園芸

自分でやるか依頼するか

お庭の管理というと、まず浮かぶのが雑草対策だと思います。雑草が生えているお庭と、雑草が無いお庭なら、もちろん無い方がきれいてすが、お庭には庭木もあります。庭木も伸びたところだけ切れば大丈夫なんて、あんまり深く考えてない方も多いのではないでしょうか。ですが、いざ剪定を始めようとすると何から手をつけていいものかわからないのです。なので、植木屋さんへ依頼を検討してみると思っていたより費用がかかるため、それならば自分で剪定に挑戦してみようという方が増えているようです。また、ガーデニングブームで自分でお庭を作る方も増えているので、剪定なども自分でやる方も多いです。そのため書店では春頃から庭木の手入れの本が並んでいます。

自分でやる理由

自分で剪定を行う方が増えているのは、節約のためという理由があります。植木屋さんに依頼すれば、早くきれいに仕上がり、切った枝も処分してもらえます。ですが、時間はかかりますが自分で剪定をすればその分節約できると考える方も多いでしょう。しかし、剪定はただ切ればいいというものではありません。枝の切り方を間違えると、枝が枯れてしまったり、病気になったりといったトラブルに発展することもあるのです。そのため、枝の生え方に対して適切な剪定が行える、プロフェッショナルの技術が必要となるのです。前述した植木屋さんや造園業者なら、豊富な経験や知識に基づく剪定を行ってくれるため心配無用です。ただ切るのではなく、見栄えが美しくなるよう工夫して剪定を行ってくれるでしょう。