きれいな庭は草取りで作ろう|安心の環境づくり

エクステリア

邪魔な木を処分するには

ガーデニング

業者に依頼するメリット

邪魔になった木を処分する方法としては、木の伐採を行っている業者に依頼するのが無難な方法といえます。木の伐採を行っている業者としては造園業者が知られますが、不用品回収業者や便利屋でも行っています。特に高さが低い木の場合には個人でも伐採することは可能です。しかし、木の伐採でネックとなるのが伐採した木の処分です。その量が少ない場合には小さな木であれば小さく小切ることで可燃物として処分することも可能ですが、大きな木となると可燃物として処理することは困難です。また伐採するための道具も必要で費用も多くかかります。その点で業者に依頼すれば伐採から処分まですべて行ってくれるので、手間も費用も少ないメリットがあります。

注意すべきポイント

木の伐採をするさいのポイントとしては、木の生えている場所と高さがあります。敷地に余裕があれば倒すことで伐採することが可能ですが倒すような場所がなければクレーンを持ってきて吊り下げて小切りにしながら処分するといった方法がとられます。このため木が大きい場合には相応の費用が掛かってきます。また伐採には周辺に被害を与えるリスクが存在するため、大きな木になればなるほど熟練した業者に依頼することがポイントです。費用に関しては、簡易なものであれば3万円程度で行ってくれますが、難易度が高くなると費用は高くなります。特にクレーン車を使わなければいけないような環境ではクレーンを操作する人も必要になるため10万円以上の費用が必要になります。